Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ポルトガル U-20 登録メンバー

GK: ディオゴ・コスタ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain FCポルト
GK: ジョアン・ヴィルジーニア f:id:youngfootball:20181224125047p:plain エヴァートンFC
GK: ルイス・マシミリアーノ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain スポルティングCP
GK: リカルド・シルバ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain FCポルト
DF: ディオゴ・レイテ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain FCポルト
DF: ディオゴ・ケイロス f:id:youngfootball:20181223231541p:plain FCポルト
DF: フランシスコ・モウラ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SCブラガ
DF: ディオゴ・ダロト f:id:youngfootball:20181224125047p:plain マンチェスター・ユナイテッド
DF: ロマイン・コレイア f:id:youngfootball:20181223231541p:plain ヴィトーリアSC
DF: ルベン・ヴィナグレ f:id:youngfootball:20181224125047p:plain ウォルバーハンプトン
DF: ティエリー・コレイア f:id:youngfootball:20181223231541p:plain スポルティングCP
MF: フロレンティーノ・ルイス f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SLベンフィカ
MF: ジェドソン・フェルナンデス f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SLベンフィカ
MF: ミゲル・ルイス f:id:youngfootball:20181223231541p:plain スポルティングCP
MF: ヌーノ・エンリケ f:id:youngfootball:20181223135753p:plain キエーヴォ
MF: ヌーノ・サントス f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SLベンフィカ
FW: フランシスコ・トリンコン f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SCブラガ
FW: ジョアン・フェリペ(ジョタ) f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SLベンフィカ
FW: メサケ・デュ f:id:youngfootball:20181224125047p:plain ウエストハム
FW: ペドロ・マルテロ f:id:youngfootball:20181223231541p:plain SCブラガ
FW: ペドロ・ネト f:id:youngfootball:20181223135753p:plain SSラツィオ
FW: ラファエル・レオン f:id:youngfootball:20181224113608p:plain LOSCリール

※赤字は既に紹介済みの選手

予想スターティングメンバー

f:id:youngfootball:20190511111341j:plain

プレビュー

ポルトガルの黄金世代とも呼ばれており、1999年生まれの彼らは優勝候補の最筆頭だ。2018年のU-19欧州選手権では、グループラウンドで一度は敗れたイタリア代表を決勝にてPK戦の末に下し優勝を果たし、U-20ワールドカップへの出場権を手にしている。また、彼らは約3年前の2016年に行なわれたU-17欧州選手権でも優勝を果たしており、同じ世代間でU17・U19の連覇を飾った史上最強の世代と言えるだろう。今大会では、U-19欧州選手権時には招集外となっていたラファエル・レオン(LOSCリール)、ジェドソン・フェルナンデス(SLベンフィカ)、ディオゴ・レイテ(FCポルト)、ディオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)らを新たに招集し、盤石なメンバーを揃えたことで付け入るスキのない布陣となった。

U-19欧州選手権でも優勝の立役者となったドミンゴス・キナ(ワトフォード)を負傷離脱により欠き、またポルトガルで最も有望な若手へと評価を高めたジョアン・フェリックス(SLベンフィカ)もフル代表への招集のため選外となっているが、彼らが不在でも何ら問題のないメンバー構成と言える。また、2018-19シーズンのUEFAユースリーグでは並み居る強豪クラブを抑えたFCポルトU-19が優勝に輝き、その立役者となったディオゴ・レイテ、ディオゴ・ケイロス、ディオゴ・コスタのトライアングルはポルトガルの守備をより強固にすることだろう。中盤にはベンフィカのトップチームでも序列を上げたフロレンティーノ・ルイスを筆頭にドミンゴス・キナの抜けた穴を埋めるべく、フル代表での出場歴を持つジェドソン・フェルナンデスが招集されるなど、中盤の布陣も見事。3トップと予想されるウィングにU-19欧州選手権でダブルで得点王に輝いたジョアン・フェリペ(ジョタ)、フランシスコ・トリンコンを連ね、最前線にはリーグ・アンで今シーズン8得点を決めているラファエル・レオンを新たに招集し、攻守ともに優れた人選となった。彼らが数年後にそのままフル代表で戦っていても何ら不思議ではないことだ。

個人データ

U-19欧州選手権トップスコアラー:

5得点:ジョアン・フェリペ(ジョタ)※得点王

5得点:フランシスコ・トリンコン ※得点王

U-19欧州選手権ベストイレブン:

ロマイン・コレイア

ルベン・ヴィナグレ

フロレンティーノ・ルイス

ジョアン・フェリペ(ジョタ)