Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ポーランド U-20 登録メンバー

GK: ラドスワフ・マイェツキ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain レギア・ワルシャワ
GK: ミウォシュ・ムレチュコ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain プシュチャ・ニエポウォミツェ
GK: カロル・ニェムチツキ f:id:youngfootball:20181224000134p:plain NACブレダ
DF: ヤクブ・ベドナルチク f:id:youngfootball:20181224121450p:plain ザンクト・パウリ
DF: エイドリアン・グリシュケヴィッツ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain グールニク・ザブジェ
DF: マイク・ナウロツキ f:id:youngfootball:20181224121450p:plain ブレーメン
DF: ヤン・ソボチンスキ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain ŁKSウッチ
DF: セラフィン・ショタ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain オードラ・オポーレ
DF: セバスティアン・ヴァウケヴィッツ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain ポゴニ・シュチェチン
MF: マテウス・ボグシェ f:id:youngfootball:20181224125047p:plain リーズ・ユナイテッド
MF: ダヴィド・コパチ f:id:youngfootball:20181224121450p:plain シュトゥットガルト
MF: トーマス・マコウスキ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain レヒア・グダニスク
MF: エイドリアン・ウィシュツァルジェ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain GKSカトヴィツェ
MF: バルトシュ・スウィシュ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain ザグウェンビェ・ルビン
MF: ミハウ・スコラシュ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain ブルク=ベット・テルマリカ・ニエチェツァ
MF: エイドリアン・スタニレヴィッツ f:id:youngfootball:20181224121450p:plain レヴァークーゼン
MF: ティモテウシュ・プハチュ f:id:youngfootball:20181226221811p:plain GKSカトヴィツェ
MF: ニコラ・ザレフスキ f:id:youngfootball:20181223135753p:plain ASローマ
MF: マルツェル・ジラ f:id:youngfootball:20181224121450p:plain バイエルン・ミュンヘン
FW: エイドリアン・ベネディチャク f:id:youngfootball:20181226221811p:plain ポゴニ・シュチェチン
FW: ドミニク・ステチク f:id:youngfootball:20181224121450p:plain ニュルンベルク

※赤字は既に紹介済みの選手

予想スターティングイレブン

f:id:youngfootball:20190513224532j:plain

プレビュー

開催国としてのプライドを保つべくモチベーションが高まっているポーランド。U-19欧州選手権では予選ラウンドで敗退となったものの、本大会で準優勝を果たしたイタリアU19を相手に善戦を見せ、U-20日本代表を相手には4得点を決めるなど実力は未知数なものとなっている。フル代表への招集歴もあるセバスティアン・シマンスキこそ招集外となったが、レギア・ワルシャワの新守護神に定着しつつあったラドスワフ・マイェツキが怪我から復帰し、カリアリへの加入も決まっているヴァウケヴィッツをセンターバックに揃えるなど強固な守備を形成するためのパーツは揃っただろう。国外のリーグで経験を積んでいる前線の選手が起用に応えられると良い順位が期待できそうだ。