Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

クリストバル・ムニョス

この選手はMS専門役さん(@MS55145005)からの紹介となります。

Name クリストバル・ムニョス(Cristobal Muñoz)
Date of birth 2005年2月1日
Place of birth f:id:youngfootball:20181224204725p:plain スペイン( f:id:youngfootball:20181224204725p:plain アルメリア)
Height 1??cm
Position CF/WG/AMF 
Current club FCバルセロナ

同世代における最高の選手として称されるアンダルシアの宝 

プレー動画          

経歴             

■ 2005-2017年(幼年期~マラガCF)

地中海に面した丘の上の美しい町として知られる、アンダルシア州のアルメリアに生まれた彼は、2012年より地元のアルメリアを代表するサッカークラブであるUDアルメリアに入団した少年だ。クリストの愛称で親しまれ、UDアルメリアではプレベンハミン(U-9) からアレビン(U-11)までの約3年間を過ごした後、16-17シーズンからマラガCFと提携した育成クラブであるUDパビアに加入し、11歳ながらインファンティル(U-13)でプレーするほどの逸材に成長。同シーズンはリーグ戦をUDパビア、トーナメントを提携先であるマラガCFの選手としてプレーしており、そんな中で迎えた「パワー・ゴル・カップ・デ・コルネリャ」という大会で、エスパニョールに決勝戦で敗れたものも、最も優れた選手の一人として称され、FCバルセロナのスカウティングの目に留まることとなった。当然、マラガはブラヒム・ディアス(現レアル・マドリード)の事例もあっただけに残留を必死に試みたが、少年の夢を止めることは出来ず、クリスト本人のInstagramで「僕はいつもこのチーム(バルセロナ)でプレーすることを夢見ていた」と綴りFCバルセロナとの契約を交わしたことが発表された。

■ 2017-2019年(FCバルセロナ)

晴れて17-18シーズンよりラ・マシアの一員となった彼は、すぐさま2017年8月に東京で開催されたU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017のメンバーに招集を受け日本を訪れている。 同大会では準々決勝の湘南ベルマーレスクール選抜との試合で得点を挙げるなど、チームの全勝優勝に貢献しバルセロナでの初タイトルを獲得した。同年12月にはアロナ(テネリフェ)で開催されたラ・リーガ・プロミセス(LaLiga Promises)で大会5度目の優勝を経験しており、ローマ戦でのハットトリックを含む5得点を決めて、得点王に輝き、さらには大会MVPにも選出されるなど大きな称賛を浴びている。2018年からはカテゴリを移してインファンティルA(U-14)でのプレーとなっているが、ここで初めての挫折(怪我、敗戦など)を経験しているようだ。サッカーの難しさが分かり始めたインファンティルAでの経験が彼をさらに強くさせるだろう。

代表歴            

不明 

移籍の噂           

カンプ・ノウのピッチに立つまでは移籍が考えられないような反面、近年 顕著に見られる引き抜きの対象であることは間違いないため安心もしていられなさそうだ。

プレースタイル        

小さなピッチの中での卓越したスキルは否が応でも目立っており、スペイン国内のマスコミは当然のようにリオネル・メッシとの比較をしている。彼の世代においては最も才能のある選手として称されており、そのサッカーセンスには期待せざるをえない。年齢的にもまだまだ見守っていく必要のある少年だが、知っておいて損はない。