Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

エマヌエル・アイウ

f:id:youngfootball:20181225231133p:plain

Name エマヌエル・アイウ(Emanuel Aiwu)
Date of birth 2000年12月25日
Place of birth オーストリア
Height 184cm
Position RSB 
Current club アドミラ・ヴァッカー 

ユーティリティ性で評価されるオーストリア有数の逸材 

プレー動画          

経歴             

■ 2000-2018年(幼年期~アドミラ・ヴァッカー)

ナイジェリアにルーツを持つ彼だが、生まれはオーストリアであり、ニーダーエスターライヒ州のザンクト・ペルテンをホームタウンとするSKNザンクト・ペルテン にてキャリアをスタートさせている。2013年より現在のFCアドミラ・ヴァッカー・メードリングの下部組織に加わると、14歳~16歳の期間はÖFB JUGENDLIGA U16~U18リーグ(オーストリアのユースリーグ)でプレー。2017-2018年シーズンに入り、アドミラ・ヴァッカーⅡ(リザーブ)にも招集されるようになった彼は、2017年9月にレギオナルリーガ(オーストリア3部)にてアマチュアデビューを飾っている。また、年が明けた2018年からはトップチームにも帯同し、2018年5月5日 第33節のオーストリア・ウィーン戦でプロデビューを飾るなど、テスト的な意味合いも強いシーズン終盤には積極的な起用を受けている。

■ 2018-2019年(アドミラ・ヴァッカー)

2018-2019年シーズンより正式にトップチームへの昇格を果たした彼は、守備的なポジションであれば複数をこなせるユーティリティ性を買われ、チームの主軸となっている。現在のオーストリア・ブンデスリーガに登録されているティーンエージャーの中で最も出場時間が長いこともあり、国内でも有数の逸材として期待値は高い。

代表歴            

2018年からオーストリアの世代別代表としてのキャリアが始まっており、 ハーマン・スタッドラーが率いるオーストリアU18~U19のキャップを持っている。一方でナイジェリアにルーツがあることから、NFF(ナイジェリアサッカー協会)により招集の話も持ち上がるも、協会との協議の末に生まれ故郷であるオーストリアを選択することを決断した。現在はオーストリアU20にも招集されるなど、フル代表デビューも近い将来実現しそうな勢いにもある。

移籍の噂           

2018年3月に契約期間は公表されていないが、アドミラ・ヴァッカーとのプロ契約を締結している。長期契約とされているため、移籍には一定の金額が必要だろう。 現時点では具体的な獲得に噂は報じられていない。

プレースタイル        

ユースセクターではセンターバックを本職としているが、トップチームでは右サイドバックの他、守備的なミッドフィルダーもこなすなどユーティリティさが評価されている。 また、守備的なポジションながら複数得点を記録するなど、フォワード顔負けの決定力も魅力的だ。加えてスタッツでは80%前後での高いパス成功率にて、18歳とは思えない精度を見せている。