Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ラヤン・チェルキ

この選手はLes Gones de Lyonさん(@LesGones_11)にもご協力をいただきました。

Name ラヤン・チェルキ(Rayan Cherki)
Date of birth 2003年8月17日
Place of birth f:id:youngfootball:20181224113608p:plain フランス( f:id:youngfootball:20181224113608p:plain リヨン)
Height 1??cm
Position AMF 
Current club オリンピック・リヨン 

※ライアン・チェルキ、ラヤン・チャキ、ライアン・チャキなどとも表記されるだろう

15歳ながら飛び級での活躍を残すリヨンの神童 

プレー動画          

経歴             

■ 2003-2019年(幼年期~オリンピック・リヨンU19)

2003年の夏、フランスのリヨンで生を受けた彼は、8歳の頃より地元のオリンピック・リヨンのアカデミーに加入した少年だ。非常に優れた才能の持ち主であることはクラブ内でも周知の事実であり、2018年2月からは14歳ながらリヨンのU-17でプレーを始めており、同年11月に行なわれたオセールU17戦では5分間でハットトリックを記録するなど、シーズン全体では二桁得点を成績を収めている。

そんな彼はオリンピック・リヨンU19が参戦しているUEFAユースリーグ18-19のメンバーに名を連ねると、グループラウンド第1節、マンチェスター・シティU19との試合では試合を決定づける4点目を記録した。その試合の約1ヶ月前に15歳の誕生日を迎えた彼の得点は、当時のUEFAユースリーグにおける歴代最年少得点記録として話題となり、欧州の多くのクラブからの関心を集める存在となった。

現在は、フランス全国選手権2(フランス4部)のオリンピック・リヨンB(リザーブチーム)のトレーニングにも帯同しており、15歳ながら飛び級でのデビューが期待されている。UEFAユースリーグでも2019年2月にSKシグマ・オロモウツとのプレーオフを制して、ベスト16ラウンドに進出しているため、またしても歴史的な瞬間が見られそうな勢いだ。

代表歴            

2018年9月にJosé Alcocerが率いるフランスU16に招集を受け、 デンマークU16との親善試合で世代別代表としてのキャリアをスタートさせた。

移籍の噂           

彼は現時点で代理人を雇っておらず、彼の移籍に関する決断力を持っているのは家族だろう。リヨンとの契約は2019年夏までとなっているため、移籍の噂は耐えない。リヨンの最高経営責任者であるジャン=ミシェル・オラスは彼とのプロ契約を締結することを熱望しているため、彼が退団を望まない限り交渉は破断となるだろう。具体的に関心を持っているクラブとして名前が挙がっているのは、ユヴェントス、ACミラン、バイエルン・ミュンヘン、アヤックス、FCバルセロナだ。

プレースタイル        

オリンピック・リヨンのトップチームを率いているブルーノ・ジェネジオ監督を始め、彼のプレーを見た 多くの人が口を揃えて語るのはアテム・ベナルファ(Hatem Ben Arfa)との比較だろう。類稀なボールスキルによる緩急をつけたドリブルなど、共通点は多岐にわたっている。