Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ユヌス・アクギュン

Name ユヌス・アクギュン(Yunus Akgün)
Date of birth 2000年7月7日
Place of birth f:id:youngfootball:20181224003148p:plain トルコ( f:id:youngfootball:20181224003148p:plain キュチュクチェクメジェ)
Height 173cm
Position RWG
Current club ガラタサライSK

卓越した左足を持つガラタサライの新たなスター候補生 

プレー動画          

経歴             

2000-2018年(幼年期~ガラタサライU19)

トルコのイスタンブール州の都市 "キュチュクチェクメジェ" で生まれた彼は、2011年からガラタサライの下部組織に加わったアルバニア系の血を持つ逸材だ。ガラタサライのユース時代はU14~U19のカテゴリの合計で125試合74得点と高い得点力を見せている。

2018-2019年(ガラタサライSK)

2018年8月5日のトルコ・スーパーカップ、アクヒサル・ベレディイェスポル戦でデビューを飾った彼は、18-19シーズンのスュペル・リグ(トルコ1部リーグ)の開幕戦からベンチ入りを果たしている。第3節のアランヤスポル戦で後半38分からヘンリー・オニェクルに代わりトップデビューを飾ると、投入から57秒後にはチームの6点目となるエムレ・アクババの得点をアシストした。

代表歴            

2015年からトルコU16としてプレーしており、トルコU17では主力選手として2017年U17欧州選手権や、2017年U-17ワールドカップに出場した。 2018年9月からトルコU19にも招集されており、U19欧州選手権の本戦への出場権をかけた予選で活躍中だ。

移籍の噂           

ガラタサライと最初に締結した契約内容は最低賃金に相当すると言われており、その契約期間は2020年6月末までとなっている。彼に対してはイタリア方面からの関心が熱く、中でもASローマやACミランは積極的と言われている。第2のジェンギズ・ウンデルやハカン・チャルハノールを探しているのだろう。

プレースタイル        

ユース時代の成績からストライカーとして表現されている彼だが、本職は右のウィングだ。左足の技術には目を見張るものがあり、独特の間でのドリブルやテクニカルなプレーは既に大物の雰囲気を醸し出している。