Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ゴンサロ・カルドーゾ

f:id:youngfootball:20181223231541p:plain

Name ゴンサロ・カルドーゾ(Gonçalo Cardoso)
Date of birth 2000年10月21日
Place of birth ポルトガル(アマランテ)
Height 189cm
Position CB 
Current club ボアヴィスタFC 

※ゴンサロ・カルドーソとも表記される

希少価値で関心を集めるポルトガルの新たな番人

プレー動画          

経歴             

2000-2017年(幼年期~FCペニャフィエル)

ポルトガルのアマランテに生まれた彼は、プロサッカー選手であった父 "アマデオ・カルドーゾ" の影響もあり幼い頃からサッカーを始めていた。マルコ・デ・カナヴェゼスにあるAD Marco 09で3年間を過ごした後、2012年の夏に招待を受けていたFCペニャフィエルに移籍すると常に上の世代でプレーをする実力の持ち主だったという。U13リーグのチャンピオンに輝くなど、FCペニャフィエルで16歳までの5年間を過ごしていた彼は、パソス・デ・フェレイラ ユースの降格を避けるための補強策として相談を受けており、一時は移籍も近い状況ではあったものの、年末に実業家のジョアキン・リベイロ氏からボアヴィスタFCの魅力的なプロジェクトを提案したことで2017年よりボアヴィスタに移籍することを決断している。ボアヴィスタは彼に学校教育を続けさせることを約束し、さらには食事と家もクラブが手配・支払うことを保証するなど環境を整え、家族は愛する息子をポルトの街に送り出すことを容認させた。ただ1年間はチームメイトと過ごしていたが、その後はレサ・ダ・パルメイラに住んでいた兄と同居している。

2017-2019年(ボアヴィスタFC U19~ボアヴィスタFC)

ボアヴィスタU19での所属となった彼は、移籍初年度ながらリーグ戦28試合に出場し、5得点を挙げ チームの主力に定着。 翌18-19シーズンよりボアヴィスタのトップチームに帯同するようになると、プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)第7節のCDアヴェス戦でデビューを果たした。その試合で初先発ながらフル出場で無失点に抑えると、以降はセンターバックとしてレギュラーの座を奪い、ボアヴィスタの番人として君臨した。

代表歴            

ボアヴィスタでの活躍もあり、2018年10月にポルトガルU18に初招集を受けると、同年11月にはアルメニアU18戦でデビューを飾った。

移籍の噂           

まだ具体的な噂は報じられていない。2018年10月、CDアヴェス戦でのデビュー後にボアヴィスタとの最初のプロ契約を結んでおり、契約期間は2021年6月末までの3年契約、違約金は1200万ユーロに設定された。

プレースタイル        

左利きのセンターバックという希少価値を持ち、189cmの恵まれたフィジカルでの空中戦の強さが評価される彼が欧州中のクラブから関心を持たれるのは時間の問題だ。また優れた足元のスキルを持ち、 状況判断能力にも秀でているなど完成形に大きく近づいた存在とされている。