サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ティアゴ・アルマダ

基本プロフィール

f:id:youngfootball:20181224123623p:plain

Name ティアゴ・アルマダ(Thiago Almada)
Date of birth 2001年4月26日
Place of birth アルゼンチン(ブエノスアイレス)
Height 171cm
Position CF/SS/AMF 
Current club CAベレス・サルスフィエルド 

※チアゴ・アルマダという表記も考えられる

テベスと同じスラム街から這い上がったアルゼンチンの至宝

経歴             

2001-2018年(幼少期~ベレス・サルスフィエルド)

2008年、7歳となった彼は"フエルテ・アパチェ"と呼ばれるブエノス・アイレス近郊のスラム街(貧困街)で、当時マンチェスター・ユナイテッドでプレーをするカルロス・テベスを見るために朝早くから起きていた。カルリートス(テベスの愛称)が"フエルテ・アパチェ"の出身という境遇は周知の事実だが、彼もまた同じく"フエルテ・アパチェ"で育っている。テベスがサッカー選手としての最初のキャリアを歩んだサンタ・クララというクラブにて彼も4歳からプレーをしていたが、サッカーだけに集中できるような環境ではなく生活も容易でなかった。幼少期から野菜を売るのを手伝い、唯一の贅沢とされるキャンディやソーダを買うことで生活に楽しみを与えていたと回想する。そんな困難な環境の中でも彼のサッカーセンスは周囲でも飛び抜けており、わずか5歳でCAベレス・サルスフィエルドの下部組織に加入。その頃から彼の愛称となる"El Guayo(グアヨ)"と呼ばれるようになり、クラブのダイヤモンドと呼ばれるまでに成長を果たしていった。

2018-2019年(ベレス・サルスフィエルド)

U-20を経た彼は、ベレスのトップチームを率いる元アルゼンチン代表のレジェンドである"ガブリエル・エインセ"から評価され、トップチームに帯同するようになる。 そこで背番号『23』を与えられた彼は、2018年8月11日のプリメーラ・ディビシオン開幕節 CAニューウェルズ・オールドボーイズとの試合で後半18分からルーカス・ロベルトーネに代わり、わずか17歳でデビュー。第11節のディフェンサ・イ・フスティシアとの試合では、初のスターティングメンバーに名を連ねると、2得点を奪う活躍を残し鮮烈な印象を残した。

代表歴            

2018年3月、当時16歳ながらアルゼンチンU-20に招集されており、イングランドU-20との親善試合でデビューを果たした。それだけに留まらず、FIFAワールドカップ2018ではアルゼンチン代表のトレーニングメンバーとして帯同し、メッシ、アグエロらとプレーをする機会を得るなど、アルゼンチンの次世代を担う存在として期待値が高い。

移籍の噂           

具体的な移籍の噂は報じられていないが、争奪戦も遠からず繰り広げられるだろう。ベレス・サルスフィエルドとの契約は2021年6月末となっており、彼もまた2日間すらフエルテ・アパチェに帰省しないと寂しいと語るだけに、欧州への挑戦はまだまだ遠そうだ。18歳となる2019年4月までは国外移籍は例外を除き不可能なため準備のシーズンとなるだろう。カルリートスを見てきたように欧州の憧れは勿論持っているはずだ。

プレースタイル        

同郷のテベスとの比較をされることが多いが、彼はより技術的に優れた選手と言えるだろう。スピードが落ちないボールコントロール、ドリブルは彼の持ち味であり、プレースキックでのゴールも演出するなど17歳ながらベレスの貴重な攻撃源となっている。ディフェンサ・イ・フスティシアとの試合で決めた2得点に代表されるように、ゴールへの嗅覚にも磨きがかかり、点取り屋としての片鱗も見せている。

プレー動画