Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ジョン・イエボア

Name ジョン・イエボア(John Yeboah)
Date of birth 2000年6月23日
Place of birth f:id:youngfootball:20181224121450p:plain ドイツ( f:id:youngfootball:20181224121450p:plain ハンブルク)
Height 170cm
Position LWG 
Current club Vflヴォルフスブルク 

飛躍が期待されるヴォルフスブルクの秘密兵器 

プレー動画          

経歴             

■ 2000-2015年シーズン(SVロンネブルク~FCトルコ・ヴィルヘルムスブルク)

ガーナにルーツがある彼はドイツのハンブルクにて生まれた。ドイツはヘッセン州マイン=キンツィヒ郡にあるSVロンネブルクでキャリアをスタートさせ、2015年まではFCトルコ・ヴィルヘルムスブルクというクラブに在籍をしている。その後、Vflヴォルフスブルクのユースに加入した。

■ 2015-2018年シーズン(VflヴォルフスブルクU-19)

15歳でB-ユニオーレン(U-17ドイツリーグ)デビューを飾った彼は、U-17世代においては27試合で7得点を挙げる活躍を残している。2017-2018年シーズンからは17歳ながらVflヴォルフスブルクU-19に昇格し、A-ユニオーレン(U-19ドイツリーグ)でプレーをすると、同シーズンは22試合で10得点9アシストという輝かしい成績を残し評価を高めた。2018-2019年シーズンもU-19でプレーをしており、既に9試合で10得点3アシストを記録しているなど今勢いに乗っている逸材となった。

■ 2018-2019年シーズン(Vflヴォルフスブルク)

2018年2月にヴォルフスブルクとの最初のプロ契約を結んだ彼は、前述のU-19リーグでの活躍もあり、2018-2019年 ブンデスリーガ第9節のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの試合でトップチームに初招集を受け、ベンチ入りを果たしている。続く第10節のボルシア・ドルトムントとの試合では後半36分からヨシプ・ブレカロに代わり、トップデビューを飾った。これからも徐々にトップチームでの出場機会を増やしていくことが予想され、チームを救う存在となるかもしれない。

代表歴            

2016年5月にドイツU-16に招集されたことで世代別代表のキャリアをスタートさせた。ドイツU-17では、右のウィンガーとして主力となっており2017年U-17欧州選手権や2017年U-17ワールドカップなどに出場をしている。2018年現在はドイツU-18とドイツU-19に招集を受けており、そこでも高い得点率を誇りながら活躍を残している。世代別代表では生まれのドイツでプレーをしているが、ガーナでプレーをする権利もあるため、フル代表ではガーナを選択することも可能だ。

移籍の噂           

具体的な移籍の噂は報じられていない。2018年2月に交わしたVflヴォルフスブルクとの最初のプロ契約により、2021年6月末までの契約期間となっている。本人はヴォルフスブルクのトップチームで活躍することを望んでおり、直々の移籍は考えにくい。

プレースタイル        

巧みなドリブルスキルを持っており、ウィンガーとして相手を翻弄する選手。ガーナにルーツがあるため、アフリカン特有の身体力も魅力的だ。また、近年に成績に代表されるようにシュートセンスにも優れ、高い決定率で得点を奪うこともできる。まさにヴォルフスブルクの秘密兵器としてふさわしい逸材だ。