Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

フェデリコ・バルベルデ

Name フェデリコ・バルベルデ(Federico Valverde)
Date of birth 1998年7月22日
Place of birth f:id:youngfootball:20181225225423p:plain ウルグアイ( f:id:youngfootball:20181225225423p:plain モンテビデオ)
Height 181cm
Position CMF/AMF 
Current club レアル・マドリード 

レアル・マドリードでの飛躍を誓うウルグアイの至宝

プレー動画          

経歴             

ウルグアイの首都モンテビデオに生まれた彼は、CAペニャロールのアカデミーにて大半のユースキャリアを過ごしている。2015-2016年シーズンからトップチームに昇格すると、プリメーラ・ディビシオン・アペルトゥーラ(ウルグアイ1部リーグ前期)第1節 CAセロとの試合で17歳ながらデビューを飾っている。同シーズンは13試合に出場し2アシストを記録した。世代別代表での活躍もあり、デビュー前から欧州クラブからの関心を集めていた彼は、アーセナルやバルセロナ、チェルシーなどが乗り出す中、2016年7月よりレアル・マドリードに移籍することが決まっている。

2016-2017年シーズンはセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部リーグ)所属のレアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)に加わり、第2節のレアル・ウニオンとの試合でスペインデビューを飾ると、第3節のSDアモレビエタとの試合では移籍後初ゴールも記録している。加入初年度ながらチームの主軸となり、リーグ戦では30試合で3得点1アシストの成績を収めている。

2017-2018年シーズンは、デポルティボ・ラ・コルーニャに1年間のレンタル移籍をしており、そこでラ・リーガでの挑戦となった。負傷で離脱した時期もあったものの、出場機会を得ておりリーグ戦24試合に出場をしている。

2018-2019年シーズン、引き続きどこかのクラブでレンタルと思われていた彼だったが、新たに就任したロペテギの信頼をプレシーズン中に勝ち取りレアル・マドリードのトップチームに残留をしている。しかし、選手層が厚いため現時点で出場には至っていない。やや厳しい状況に置かれていると言っても良いだろう。

代表歴            

ウルグアイの各世代別代表に招集されており、ウルグアイU-20代表では2017年U-20ワールドカップにおいて4位という順位に貢献し、自身としてもシルバー・ボールを獲得する活躍を見せた。2017年9月にパラグアイA代表との試合でフル代表デビューを飾ると、2018年FIFAワールドカップの候補にまで名を連ねている。

移籍の噂           

レアル・マドリードとの契約は2021年6月末までとなっている。ややトップチームへの定着が難しい状況に置かれているだけに去就も少なからず関心が集まるはずだ。 最短で冬の移籍市場でレンタルで貸し出される可能性も高い。

プレースタイル        

彼の特出した特徴の1つとして、前への推進力が挙げられ、ワンプレーで相手を交わす技術力を持っている。当初は攻撃的なミッドフィルダーでプレーをしていた彼だったが、レアル・マドリードの加入により前述のスキルからより中盤の位置にコンバートをされている。自身のモデルとしてスティーブン・ジェラードを挙げており、今後理想的な中盤のプレーヤーに変貌を遂げるはずだ。