サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ヴィクトル・ツィガンコフ~悲願のリーグ優勝を狙うウクライナのベイル~



基本プロフィール

f:id:youngfootball:20181004170914j:plain

Name ヴィクトル・ツィガンコフ(Viktor Tsygankov)
Date of birth 1997年11月15日
Place of birth ウクライナ(ナハリヤ)
Height 177cm
Position RWG 
Current club ディナモ・キエフ 

悲願のリーグ優勝を狙うウクライナのベイル

経歴             

彼の父はゴールキーパーとしてプレーをしていた元サッカー選手のヴィタリー・ツィガンコフであり、父がイスラエルのHapoel Tayibe FCでプレーしていた頃の子供のため、イスラエルのナハリヤに誕生をした。

ウクライナに戻ると、 PFCニヴァ・ヴィーンヌィツャのアカデミーでサッカーを始めている。1年後の2010年からディナモ・キエフに移ることになるが、その前にはシャフタール・ドネツクからの関心も伝えられるなど有望な逸材であった。

2016-2017年シーズンよりトップチームへ昇格をしており、ウクライナ・プレミアリーグ第4節 PEF Stalとの試合でトップチームデビューを飾った。第9節のFCオリンピク・ドネツクとの試合では初ゴールも記録している。このシーズンではUEFAチャンピオンズリーグの舞台も経験しており、グループリーグ第1節のナポリ戦で1アシスト、第2節のベシクタシュを相手には1ゴールを決めるなど自身のレベルの高さを証明した。デビューイヤーながらトップチームにおいて29試合に出場し5得点6アシストの成績を収めている。

2017-2018年シーズンはさらなる進化を遂げており、第3節のFCカルパティ・リヴィウとの試合でのハットトリックを皮切りにレギュラーシーズンは18試合9得点6アシスト、チャンピオンラウンドでは9試合4得点と大ブレイク。ヨーロッパリーグの本戦でも8試合3得点4アシストを記録し、同シーズンは40試合で17得点14アシストと大きく飛躍したシーズンとなった。

2018-2019年シーズン、リーグ戦ではキャプテンマークを着ける機会も得ており、10試合を消化した時点で3得点3アシストとまずまずの好スタートを切っている。彼がデビューしてからの2年間はシャフタール・ドネツクに次ぐ2位でリーグ戦を終えているため、国内リーグの制覇が目標だ。

代表歴            

ウクライナU-17を始め、U-19、U-21とプレーをしており、2016年11月12日のフィンランド代表とのワールドカップ予選にて18歳ながらフル代表デビューを飾っている。シェフチェンコも彼を気にっているため、今後のウクライナを牽引する存在となるだろう。

移籍の噂           

彼に対して関心を持っているクラブは多いと思われるが、具体的にクラブ名が報じられているのはASローマである。ディナモ・キエフとの契約は2023年6月末までと長期に渡るものであり、クラブ愛を示している。シャフタール・ドネツクからの王座奪還を果たしてから、彼は移籍を考える可能性が高い。

プレースタイル        

ウクライナのベイルと称される彼は、優れたテクニックを武器にドリブルを得意としている。 昨シーズンの結果にも表れているように得点力も申し分のないプレーヤーだ。

プレー動画