Wakatedia サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

ヤン・カラモー

f:id:youngfootball:20181224113608p:plain

Name ヤン・カラモー(Yann Karamoh)
Date of birth 1998年7月8日
Place of birth フランス(アビジャン)
Height 185cm
Position RWG 
Current club

インテル・ミラノ(2017- )

ジロンダン・ボルドー(2018-2019:ローン)

※ヤン・カラモウとの表記も見られる

頻繁にエレベーターに閉じ込められがちなフランス期待の逸材

プレー動画          

 

経歴             

コートジボワールとフランスの二重国籍を保有してる彼は、コートジボワール最大都市であるアビジャンで生まれた。2歳の頃にフランスへと移住をしており、2006年にパリ北西部近郊のラシン・コロンブ92でキャリアをスタートさせている。

2011年からはSMカーンの下部組織へと移っており、そこで着実に成長をした彼は、2016-2017年シーズンよりトップチームに昇格。2016年8月13日、リーグアンの開幕戦となるFCロリアンとの試合でトップデビューを果たした。デビュー1年目ながらその後も主力に定着をしており、第6節のアンジェSCOとの試合では初ゴールも記録するなど、同シーズンを36試合に出場し5得点4アシストの好成績を収めている。

2017-2018年シーズン、昨季17位と低迷をしていたカーンを救う存在として期待が高まっていた彼だが、2017年8月31日の移籍市場最終日に約550万ユーロでインテル・ミラノに2年間の買い取り義務付きの移籍で加入。ビッグクラブに数えられるインテルでは第6節のジェノアCFCとの試合で移籍後初出場を果たすも出場機会が限られてた。しかし、第24節のFCボローニャとの試合でリーグ戦初先発を果たすと、その試合の決勝ゴールとなる移籍後初ゴールを沈め一躍ヒーローとなった。この試合をキッカケに後半戦は出場機会が増え、結果的に同シーズンでは18試合に出場し、1得点となっている。

2018-2019年シーズンは、プレシーズン期間ないし開幕戦も出場機会を得ていたことからインテルでのプレーかと思われていた彼だったが、2018年8月31日のまたもや移籍市場最終日にフランスのジロンダン・ボルドーに1年の期限付き移籍で加入。ボルドーではまだデビューをしていないが、かつてブレイクを果たしたリーグアンの舞台で再び活躍する日も近いだろう。

代表歴            

2歳でフランスに移住していたこともあり、U-16代表を始めフランスの世代別代表でプレーをしている。現在はフランスU-21でプレーとなっている彼に対しては、A代表で祖国コートジボワールを選択することができるため、コートジボワール代表が彼を招集を考えているという噂も報じられている。

移籍の噂           

前述の通りインテルは2年間の買い取り義務付きで彼を保有しているため、契約の内容としては買い取り義務が発生する2019年夏までとなっている。残りの1年をボルドーで過ごすため、このシーズンで彼の去就が明確になるだろう。 買い取った後にインテルがどう動くのかに注目だ。

プレースタイル        

目を見張るスピートとドリブルセンスを備えており、アシスト能力にも秀でているなど、完成度が高い逸材として知られている。