サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

エフライン・アルバレス~アメリカが失った才能は大きいだろう~



基本プロフィール

f:id:youngfootball:20180807213311j:plain

Name エフライン・アルバレス(Efrain Álvarez)
Date of birth 2002年6月19日
Place of birth メキシコ(ロサンゼルス)
Height 173cm
Position AMF 
Current club ロサンゼルス・ギャラクシーⅡ 

アメリカが失った才能は大きいだろう

経歴             

メキシコ人の両親の下、アメリカのロサンゼルスで誕生した彼は生まれも育ちもアメリカである。7歳の頃には既にニューヨーク・コスモスのU-9カテゴリでプレーしており、当時ニューヨーク・コスモスのダイレクターだったエリック・カントナが「この子を1日中見ていたい」と褒めたと語られている。

6人兄弟の家庭であり、兄のジオとカルロスはラスベガスライツでプレー、末っ子のディエゴもまたロサンゼルス・ギャラクシーのアカデミーでプレーしているなど兄弟揃ってサッカーの才に溢れた家系だ。

ロサンゼルス・ギャラクシーのアカデミーへ移ると、2017年10月8日のティンバーズ2との試合で15歳の彼はUSL(アメリカ2部リーグ)史上最年少でデビューを果たしている。2017-2018年シーズンより16歳でロサンゼルス・ギャラクシーⅡへ昇格すると、現在で8試合で8得点と驚異的な決定力を見せ2部リーグながら周囲を脅かし続けている。トップチームデビューを期待する声も大きいが、2017-2018年シーズンはUSLでプレーを続ける見込みだ。

代表歴         

生まれ育った場所であるアメリカのU-15代表でプレーしていた彼だが、ある時から干される形でチームを離れる期間があり、そのことがきっかけてメキシコU-15の招集に応じることになった。そして、現在はメキシコU-17でプレーをしており、自身もメキシコ代表としてプレーすることを明言している。噂では彼のフィジカル面への不満により干されたと言われているが、いずれにせよアメリカサッカー界は大きな才能を失うことになっただろう。

移籍の噂           

特になし

プレースタイル        

テクニック、シュートセンスに優れている彼はメキシコ人らしいプレーをしている。この逸材に対し、リーグ戦で得点を挙げた試合は大量得点の展開だったこともあり、まだ過大評価だと疑問視する声も少なからず聞こえる。しかし、彼は16歳だ。これから更に伸び続けるだろう。

プレー動画