サッカー若手紹介所

有望な逸材を紹介していきます

アーリング・ブラウト・ホランド~リーグを席巻するノルウェーの怪物~



基本プロフィール

f:id:youngfootball:20180716001419j:plain

Name
 アーリング・ブラウト・ホランド
 (Erling Braut Haland)
Date of birth
 2000年7月21日
Place of birth  ノルウェー(リーズ)
Height  191cm
Position  CF
Current club
 モルデFK

 リーグを席巻するノルウェーの怪物

経歴             

彼の父は元ノルウェー代表のCMFとしてプレーし、プレミアリーグで181試合のキャップを誇るアルフ・インゲ・ホランドであり、リーズに所属していた頃に誕生しているため誕生地はリーズとなっている。父の引退後に、父のルーツでもあるブリーネのアカデミーに加わった。2016年シーズンのリザーブリーグでは15歳ながら14試合18得点と大暴れをし、その勢いそのままに2016年5月に2部リーグながらプロデビューを果たしている。そしてシーズン終了後の2017年2月に国内の強豪クラブであるモルデFKへの移籍が発表されトップリーグへ個人昇格を果たした。そして2017年シーズンではトロムソとの試合で初ゴールを決めるなど14試合で2得点の記録を残した。2018年シーズンになると彼のプレーにも成熟度が増し、レギュラーとしてプレー。7月のSKブランとの試合では4得点を決めるなど現時点で14試合8得点とリーグを席巻している。

代表歴            

ノルウェーのU-15,U-16,U-17,U18と各世代代表に名を連ねるエリートであり、現在はU-19代表でプレー。ここ数年で得点力が増している。

移籍の噂           

現在モルデFKの監督であるスールシャールは、SKブランとの4得点を挙げた試合において自身が所属していたマンチェスター・ユナイテッドのスカウトからの接触が合ったことを明かしており、他にも様々なクラブが接触しているがいずれも断ったと伝えられた。現在の市場価値は高額とは言えないが、今後のポテンシャルを考えると適切な移籍金が求められるので高額な取引となるだろう。父と同様にイングランドでのプレーが現実的な判断であり、リーズ・ユナイテッドのファンであることも公言しているため、リーズ・ユナイテッドへの移籍もあり得る可能性も高い。

プレースタイル        

ユース時代や、2部リーグ時代は様々な攻撃的なポジションをこなしているが、モルデFKへ移籍後、191cmの長身からCFを中心にプレーをすると得点力が爆発的に増える結果となった。スールシャールはそのスタイルをロメル・ルカクと比較をしており、長身ながら繊細なボールタッチと強靭なフィジカルを活かしたプレーはまさにモンスター級の逸材だろう。17歳の彼がノルウェーリーグの得点王に輝くのも夢ではない。

プレー動画          

<